放課後児童専門育成支援師

 子どもたちの育成支援についてひとつひとつを専門的に学びたい方のための資格です。放課後児童育成支援師®の資格取得者(見込含む)が、特定の分野について2日間12時間の講習会を履修し、その分野の専門的な知識と技能を習得することで、その分野についての資格を取得できます。

資格取得要件

  • 都道府県が実施する「放課後児童支援員」資格取得者(見込含む)であること。
  • 本協会が認定する「放課後児童育成支援師®」資格取得者(見込含む)又は、「放課後児童指導員」資格取得者であること。
  • 全科目の講習を受講し、科目ごとの試験に合格すること。
  • 資格申請時に、本協会の登録会員であること。

資格認定カリキュラム

域12時間(全2日間)、1日:90分×4コマ+試験】

「放課後児童育成支援師®」の資格取得者のみ、以下8つの専門分野の中から選択受講して獲得できる資格です。
(開講する分野は年度によって異なります)

I

遊び指導

II

生活指導

III

発達障害
育成支援

IV

高学年
育成支援

V

健康・保健

VI

子育て支援

VII

組織
マネジメント

VIII

地域
コーディネート

(例)遊び指導分野

No. 科目名 内容
1 遊び指導① 「遊びとは何か?」について理論と実践の両面から思考し、放課後児童クラブの中で遊びを研究する方法について学ぶ。
2 遊び指導② 「遊ぶこと」そのものが目的となる時空間は、如何にして放課後児童クラブで実現できるかについて学ぶ。

必要経費

資格取得にかかる経費
20,000円(受講料、テキスト代、資格認定料含む)※郵便払込み手数料が別途必要となります。

資格継続の登録会員年会費
電子メール会員:1,000円/年
非電子メール会員:1,500円/年

※資格を継続するには、本協会の登録会員として,毎年会費を納める必要があります。

※既に本協会の登録会員の方は、重複して毎年年会費を納める必要はありません。